マンション売却で赤字になった場合どうすればいい?赤字の際に必要な確定申告とは?

マンション、戸建てに拘らず、不動産を売却した場合、逆に赤字になってしまうケースもあります。マンションとなると、額も大きくなりますから、少しでも負担を少なくしたいと思う方も多いでしょう。そういった赤字を少しでも減らすためには、確定申告が有効です。

今回は、そんな時に必要な確定申告の内容についてご紹介します。

中古マンションを売却する時の注意点とは?

収入との相殺が可能になる

売却して赤字になった場合は収入と相殺して減税することができます。一般的に黒字の場合は、税金が課税されますが、赤字の場合はマイナスになるため譲渡損失に当たります。譲渡損失の場合は支払う税金額を減らすことができるのです。

(損益通算)なかには譲渡損失が大き過ぎて相殺できないという場合もあるでしょう。そういった場合は翌年であっても差し引けます。(繰越控除)ただし、一定の期間が定められていていますから、減税とならない場合があり注意が必要です。

最長では4年間の減税が可能で、その間であれば相殺することができます。

場合によっては受けられる控除がある

マンションを売却した場合、譲渡損失の繰越控除が受けられます。基本的に、買い替えした場合も買い替えしない場合も受けられますが、その条件や内容は異なります。買い替えの際に受けられる条件として、所得が3000万以内、敷地面接が500m2以内、5年以上所有しているといったことが挙げられます。

また買い替え先の新居にも条件があり、10年以上の住宅ローンを借りること、床面積が50m2以上、翌年の12月31日までに取得し、それまでに入居するといったことです。

買い替えのない場合も基本的には、条件は同じになりますが、異なるところもあります。

大きく異なる点は、売却住宅にローン残高がある、売却の10年以上の住宅ローン残高が売却価格がローン残高を下回ってるということです。

これらの条件さえクリアしていれば、譲渡損失の繰越控除を受けられる可能性があります。

控除が受けられれば少しは負担が楽になりますよね。

確定申告はどういう手順ですればいい?

まず確定申告するには、必要な書類を準備していかなければなりません。必要書類確定申告書のほかに、譲渡所得の内訳や分離課税の申告書、売買の誓約書や住民票、登記簿謄本など多くの書類が必要です。これら全て重要書類となるため、きちんと管理しておかなければなりません。

確定申告書を作成する場合は、パソコンでする場合と手書きする場合がありますが、自分のやりやすい方法を選択すると良いでしょう。もしパソコンが使えない場合でも、税務署の担当職員に確認しながら記入することもできます。

提出の場合もネットから直接する場合と、税務署へ提出する場合、郵便で郵送する場合があります。どれを選択しても構いませんが、郵送の場合は再提出を求められることもあり、その場合二度手間になってしまいます。初心者のうちは、できるだけ税務署まで直接足を運び、聞きながら提出するほうが効率的だといえます。

税務署であれば、分からないことがあってもその都度すぐに確認できるため安心です。これらの作業を終えるまでには、それなりの時間が必要ですから、忙しい場合は専門家への依頼を検討しても良いでしょう。

税理士に依頼したらどれくらいの費用がかかる?

確定申告したくても、忙しくてできないという方は多いですよね。そういった場合、税理士に依頼することも検討してみましょう。税理士事務所によっても費用は異なりますが、マンション売却であれば、大体4万〜8万位が相場です。

しかし、地方によってもかなり費用は異なるので、依頼する場合はきちんと調べてからにしましょう。マンション売却となると、扱う金額も高額になりますし、専門性も高くもなります。そのため自分で申告するよりも当然、費用はかかってしまうものです。

しかし、確定申告に関わる全ての作業を任せられるため、面倒な手間を省けます。また専門家に依頼する分、安心できるといえます。赤字で経済的負担は大きくなっているかもしれませんが、きちんと確定申告できればその分、負担も減ることになるのです。

そう考えれば、税理士の費用も必要な経費として捉えられるかもしれませんね。しかし確定申告の時期になると、税理士も受ける案件が多くなります。そのため場合によっては、断られる可能性もあるため注意しなければなりません。

確定申告をスムーズにするためには、できるだけ早めに予約しておく方が良いでしょう。

クラウドで確定申告もできる!

一昔前までは紙面上の手続きが多かった確定申告ですが、最近はクラウドでも申告できます。クラウドは紙面とは違い、記入さえすれば誰でも簡単に申告できるようになっています。書類手続きが面倒、税務署は時間が取られる、といった方でもクラウドを利用すれば楽に申告できるのです。

確定申告で多い悩みとして、あの膨大な書類を全て記載し提出するという作業が挙げられます。長ければ1日以上かかってしまうこともあるかもしれませんよね。クラウドであれば全てパソコンやスマホ操作できるため、そういった労力や負担を軽減できます。

また確定申告のデータをバックアップし保存しておくことも可能です。書類は、かさばることも多くて保管にも困ることがありますが、データ化して保存しておけば、かさばらない上情報をまとめて整理しておくこともできます。

また初心者の場合、手続きの流れがわからないという方も多いですが、そういった方で理解できるよう、分かりやすい説明があります。そのため、初めてでも簡単に記入できるのです。また、会計処理も自動で行われるため、記入さえ間違えなければ正しく確定申告ができるでしょう。

マンションを売却して赤字だった場合、確定申告は義務ではない

マンションを売却し赤字だった場合、確定申告は任意になります。利益を得た場合は申告する義務がありますが、マイナスの場合は特に法律で定められてはいません。たとえば、3000万で売却したとしても、全てが利益になるわけではありませんよね。

もし当時の価格が4000万であった場合は、1000万のマイナスになってしまいます。この場合は、損失扱いになるので確定申告が必ずしも必要という訳ではありません。しかし先述したように、確定申告で得られるメリットは大きいものです。

面倒だからと申告しなければ、損失は変わらないままです。確定申告で減税できれば、その分負担が減る訳ですから申告しておく方がお得といえます。