マンションの売却を急ぐ場合は業者買取の利用が効率的

マンションを売却する際には、仲介を依頼して買い手を見つける場合と、不動産会社に直接買取を依頼する形が挙げられます。仲介を依頼して買い手を探す場合には、市場価値に近い価格での売却は可能ですが、それなりに時間を要するものです。

不動産会社へ直接売却をする場合には、売却価格は多少落ちますが、すぐの売却が実現するものです。ここでは、直接買い取りを利用する際のメリットと注意点を紹介します。

中古マンションを売却する時の注意点とは?

マンション売却の際に直接買い取りを利用するメリット

マンションの売却を行う際には、不動産会社に仲介を依頼する形で買い手を探してもらう方が多いものです。

仲介を依頼された不動産会社は、インターネットや、新聞の折込チラシなどの媒体を通じ、広く物件の買い手を探していきます。いままでの実績により、独自のネットワークが構築されている不動産会社の場合には、取引のある不動産会社に対し、仲介を依頼された物件にく興味があるかを訪ねていったりもします。

仲介による不動産売却とは別な手段に、不動産会社に直接買い取りを依頼する方法があります。仲介を依頼して、広く買い手を探してもらう形では、物件の売却が実現するまでに、それなりな時間が掛かってしまうのも実情です。

不動産会社が直接買い取りを行う形であれば、転勤などの事情により、急に住んでいるマンションを売却する必要が生じたような場合であっても、慌てることなく対処することが可能になります。

直接買い取りを利用することのメリット

マンションの売却に際し、買取による売却を利用するメリットは、すぐに換金ができる部分が挙げられます。失業状態が続いて収入の減少が発生している場合や、離婚などの家庭の事情による財産分与が発生した場合などは、すぐにでも不動産の処分を行いたいと考える方も多いものです。

不動産会社に直接買い取ってもらう形でマンションの売却を行えば、自宅のマンションをすぐに多くのお金に替えることが可能になります。自宅の売却を進める場合には、近隣の知人に知られたくないと思うのが普通でしょう。

仲介による買い手探しの場合には、売却が成立するまでに不動産会社が数回に亘って、買い手の方を内覧と称して自宅に連れてくる場合も多かったりするものです。自宅に不動産会社の担当者と買い手の方が数回訪れてくるのは、近所の方も不審に感じてしまうのが普通です。

不動産会社への直接売却の場合には、担当者の方とのやり取りのみになっていきますので、周りに余計な詮索をされることもなく、スムーズな物件売却を実現できます。

直接買い取りを利用することのデメリット

直接買い取りの形でマンションを売却するのは、時間や手間をかけることなく、スピーディな売却が実現できるメリットはありますが、いくつかデメリットがあるのも事実です。仲介を用いた売却手法の場合には、市場価格に応じた価格での買取依頼を進めることが可能になりますが、不動産会社へ直接買取を依頼する場合には、市場価格の何割かまで買取価格を下げられる形になる場合も多かったりするのです。

仲介で買い手を探す場合には、不動産会社も手数料で収益を上げることが可能ですが、直接買い取りの場合は、不動産会社が買い取った後に販売を行い、自社の利益を上げる必要が生じます。不動産会社が市場価格に近い価格で買取を行ってしまうと、売出しの際に思うような利益を得ることができなくなる可能性があるからです。

時間や手間をかけることもなく、スピーディな売却を進めることができる直接買い取りではありますが、市場価格より低めの買取価格になりがちな点を意識しておきましょう。

どのような場合に直接買い取りを利用するのか?

マンションの売却を検討する際にも、仲介を利用して売却するのか、不動産会社へ直接売却を進めるのかで悩んでしまうケースは多いものです。

仲介のスタイルを利用してマンションの売却を行うほうが市場価格に近い価格で売却が実現できるものですが、買い手が見つかるまでには、それなりに時間を要するのも事実でもあります。不動産会社に直接売却を進める形であれば、時間や手間をかけることもなく、すぐに大きなお金に替えることが可能になるのです。

不動産会社にマンションを直接売却することのメリットは、時間をかけずに売却できることだけではありません。購入から年数が経過したような物件の場合には、物件の様々な部分に老朽化が見られていたりと、仲介を利用して買い手を探していっても、思うような買い手が見つからないケースも多かったりするものです。

長きに亘って住んできたことにより、室内が汚れていたり、傷んでいたりする場合には、仲介で買い手を探しても買い手が見つからない可能性があります。市場価格より低めの買取金額であっても、直接買い取りであれば、スムーズな物件売却が実現するのです。

事前に市場価格を調べておくことも大切

不動産会社に自宅のマンションを直接売り出すにしても、事前に市場価格がどの程度になるかを調べておくことは大切です。公示地価や路線価などの公示されている情報を元にして、自分で市場価格を調べる方法もありますが、短い時間で効率的に市場価格を調べるには、匿名で利用できる一括査定サイトを活用するのが良いでしょう。

非匿名で不動産会社に査定を依頼すると、営業マンからの連絡が頻繁にかかってきたりもしますが、非匿名で利用できる一括査定サイトの利用であれば、煩わしさを感じることなく、スピーディに自宅の市場価値を知ることが可能です。

非匿名で利用が可能な一括査定サイトの利用には、自宅に関する簡単な情報を入れるだけで済む場合が殆どです。一括査定サイト上より、自宅の築年数や間取り、最寄り駅などの物件情報を入力するだけで、短時間で多くの不動産会社より査定結果を得ることが可能になります。

自分で公示されている情報を参照しながら、どの程度の価格で自宅が売却されるかを算出するよりも、非匿名で利用できる一括査定サイトを活用するほうが、スピーディに物件価値の把握が可能です。

不動産会社の評判も調べておきましょう

仲介を依頼して買い手を探していくのとは違い、不動産会社に直接売却する際には、業者を選んだタイミングで売却が終わる場合も多いものです。多くの買取業者では、物件の査定を依頼した時点で、価値のある物件である場合には、買取に対して前向きになっていくからです。

一括査定サイトなどを活用して、自分の所有するマンションの適切な市場価値が把握できた後は、インターネットの掲示板に掲載されている口コミや評判を参考にしながら、問題なく買取りを行ってくれる不動産会社を選ぶことも大切です。