中古マンションを売却する時の注意点とは?

中古マンションを売りたい場合にはマンションの査定が非常に重要になります。

査定は売却における最初のステップのため、細心の注意を払いましょう。さらにマンション売却を依頼する不動産会社も慎重に選ぶ必要があります。

中古マンションを売却する際の注意点や不動産会社の選び方、売却時に必要となる費用まで詳しく解説します。

マンションの売却を急ぐ場合は業者買取の利用が効率的

中古マンションの売却で失敗しないためには?

中古マンションの売却における失敗とは、高く売れるはずだった物件を安く売ってしまうことを指します。中古マンションの売却には、様々な落とし穴が存在します。売却時にトラブルが発生し、売却自体が進まないこともよくあるケースです。

落とし穴やトラブルがあるといいましたが、それらは事前に正しく把握しておくことで回避が可能です。中古マンションの売却で失敗しないためには、売却のために必要な知識をしっかりと身につけておくことです。何も知らない状態で中古マンションの売却に手をつけてしまうと、後から後悔することになりかねません。

中古マンションを手放す際には、様々な知識や対策が必要になります。中古マンションの売却について何も知らない、わからないというままでは、不動産会社のいいなりになってしまいます。もちろん優良な不動産会社であれば頼もしいパートナーとして、マンションの売却をしっかりとサポートしてくれます。

ただし不動産会社を選ぶ段階で失敗してしまうというケースも少なくありません。まずは事前準備として、できるだけ自分で中古マンションの売却について学習をしましょう。ある程度の知識を身につけておけば、不動産会社を選ぶ際にも適正な判断が期待できます。

マンション売却で赤字になった場合どうすればいい?赤字の際に必要な確定申告とは?

中古マンションを高く売る方法

中古マンションを高く売るためには、大きなポイントとして「売り急ぎ」は厳禁ということがあげられます。マンションなどの物件は築年数が古くなればなるほどマイナス査定になるため、できるだけ早く売却を決めたいところです。

気持ちはわかりますが、急すぎると様々な対応に時間をかけることができないため、売却への対応が不十分になりがちです。そうなると買い手との価格交渉の際にも不利に働く部分が出てきますし、トラブルや損になってしまう可能性が高いです。

相続や転勤など売り急ぐ理由は様々ですが、できればマンションの売却は時間をかけて取り組むのがベストです。どうしても売り急がなくてはいけない場合には、不動産会社や売り手に悟られないように注意してください。マンションの売買は売り手・不動産会社・買い手で複雑な利権関係にあるため「早く売りたい」という売り手の希望は不利に働いてしまいます。

早く売りたいという気持ちに付け込まれないように注意するようにしましょう。

不動産会社の選び方のポイント

中古マンションの売却のためには、売り手と買い手を仲介する不動産会社と仲介契約を結ぶのが一般的です。不動産会社に売却の仲介を依頼することで、買い手に物件の紹介をしてもらったり、買い手を探すための広告を出してもらったりと様々な協力を得ることができます。

不動産会社を選ぶ際には、マンションの査定を依頼しましょう。マンションの査定は実際の売却価格を決定する際にも参考になるので、マンションの価値を知るためにも査定を受ける必要があります。不動産会社は無料でマンション査定を行っていますので、できるだけ多くの不動産会社に査定を依頼するのがベストです。

複数の不動産会社に査定を依頼することで、査定額を比較することができます。一番高い価格をつけたところに依頼したいところですが、査定額だけで決定してはいけません。マンションの査定は、あくまで参考価格であって、その価格でマンションが売れるということを約束するものではありません。

そのため、契約を結びたいために高めの査定額を提示する不動産会社もいます。査定額が適性かという判断は難しいですが、査定内容などに矛盾がないかを確認するようにしましょう。

その他にもスタッフの接客態度や対応の早さなども査定を依頼した時にあわせてチェックするのがおすすめです。信頼できる不動産会社を選ぶことが、マンション売却を成功させるポイントの一つです。

中古マンション売却の流れ

中古マンションを売る際には、まず事前準備として不動産会社に査定を依頼します。その後、売却を任せる不動産会社を決定し契約します。この段階までで、かなり時間がかかることも珍しくありませんので売却までのスケジュールは常にしっかりと管理するようにしてください。

その後は内覧の対応にあたったり、売却のための活動を行っていきます。買い手が現れたら、次は売却条件の交渉です。交渉はマンションの売却価格だけではなく、その他の様々な条件なども細かく交渉していきます。事前に、どこまでなら譲れるかというラインを自分の中で明確にしておきましょう。

どこまで譲歩できるのかということがはっきりしていないと交渉が長引き、交渉が決裂してしまうことも考えられます。同様に、ここだけは譲れないという点も明らかにしておく必要がありますので、スムーズな交渉のためにも売り手側の条件はしっかりと決めておきましょう。

中古マンション売却時に必要な費用とは?

中古マンションを売却する際には、様々な費用がかかります。ただマンションを売って完了というわけにはいきません。売却時にかかる費用も考慮してマンションの売却を進めないと、最終的に計算したら損をしていたということになりかねません。

中古マンションの売却には仲介手数料・税金・抵当抹消費用・各種手続きの手数料などの費用がかかります、仲介手数料はマンションの売却が成立した時に不動産会社に支払う成功報酬です。

この仲介手数料は、法律によって売買金額の3%にプラス6万円までと上限が設定されています。

上限はありますが、不動産会社ごとに仲介手数料が異なりますので、仲介契約を結ぶ前にしっかりと確認をしましょう。マンションを売ると譲渡所得税などの税を納める必要があります。税金としては譲渡所得税の他に、住民税、印紙税、消費税、登録免許税があります。

税金は計算が難しいことが多いので不動産会社にフォローしてもらうか、税金の相談窓口に相談するのがおすすめです。抵当権の抹消にも費用がかかりますので注意してください。また各種手続きの際に住民票などの書類が必要になり、それらの書類の手数料も費用としてかかります。

参考リンク「マンション売却の心得」:https://xn--u9j0hmenb6cc5492dmgjq5otma.jp/